2012-08-06

バットマン ダークナイト ライジング  (Batman: The Dark Knight Rises)  観てきました

「アバター」の時は3D特別版だったので
通常の入場価格だったのですが
今回は夫婦50割引でOKでした 〜♪

クリストファー・ノーラン監督の
「ダークナイト3部作」の完結編は
本編175分(約3時間)と、とにかく長かったぁ

監督が伝えたかったテーマは
「幻想的英雄像の破壊と再構築からの希望」...かな

ただ、一端、出来上がった作品に
あとから慌ててあれこれ継ぎ足して盛り込んだ感が否めず
結果的にメッセージ性を弱めた印象でした


*********

前作で
ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒した後
ハービー・デント検事殺害の罪を着せられ
バットマンのイメージは失墜

心身共にボロボロとなった
ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は
ハービー・デント検事英雄説というでっち上げの上に
8年間の平和を甘受していたゴッサムを離れ
引き蘢り状態での登場

生涯をウェイン家に捧げる忠実な執事アルフレッド
(マイケル・ケイン)も気を揉む毎日


そんな中
街の破壊をもくろむ新たな強敵
ベイン(トム・ハーディー)の登場


パッと見、思わず
「羊達の沈黙」の続編「ハンニバル」の
ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)を連想

あの心理操作で人を追い込み
狂人的に責める残虐なキャラには及ばず

ベインはいかにも生い立ちの淋しさを漂わせた存在
あんまり恐くないのよねぇ




今作ピカイチキャラはなんと言ってもこのお方

「金持ちから奪って何が悪いの?!」などと
自分の勝手な尺度で自由奔放に生きる謎の女
セリーナ・カイル=キャットウーマン

彼女はベインの指示で
バットマンを破産させるために送り込まれた

超セクシーで格好いい!

アン・ハサウェイ


ベインも実は
ゴッサムの浄化と革命を掲げる活動をしていたわけだが
彼のは「破壊的浄化」


様々な人間模様に影響され
自らの金持ちぼっちゃん的甘さを自覚し始めるウェイン

ベインやキャットウーマンらにより
奈落と呼ばれる地下牢獄に閉じ込められるが
脱出途上
「死を恐れない強さ」から「死を恐れる強さ」へ脱皮して
バットマン活動再開を決意


フリーエネルギーとしての安全な核 VS 核爆発テロ
とか
ティーパーティーを連想させる
庶民のために立ち上がる理想的な姿としての警官集団など
現社会が抱える問題もてんこ盛り

時限核兵器に改造され解除不能となった
ウェイン社製核融合機

巨大ポケモンボールを連想?

核爆発テロによるゴッサム崩壊を阻止すべく
海の沖合へと運んで爆発させるバットマン

共に朽ち果ててしまったと思わせる曖昧なシーンが...


今作の極めつけは
警官に留めておくのはあまりに勿体ないと
その明晰な頭脳と勘とど根性を認められ
刑事に昇格した
もと孤児院出身のジョン・ブレイク

...実は彼の本名は「ロビン」でぇーす...など

バットマンってこれからが本番?!
と期待させるようなラストシーンでした


1・2作目も事前に観ておかないと
理解不能かも知れません


*********



ところで

バットマンと言えば
60年代後半のTV版の印象が強い年代は
映画版のシリアスな場面でも
その記憶がちらついてしまうのではないでしょうか
今観るとゲイのコスチュームプレイのよう?

こんなバレバレの撮影でも満足してたアナログ時代

思わず言葉を失う60年代のハイテク

キャットウーマンとバットガールが
ごっちゃになってました



タロットとの関連までには至りませんでしたが
ご報告まで

0 件のコメント:

コメントを投稿