2013-02-11

米国サンディフックとオーロラ銃乱射事件の背後にある真実

プライベート問題が落ち着かず
情報を見聞きして気にはなっていたけれど
調べるのを避けていた米国映画バットマン周辺の不穏な影

2012年12月14日9時35分(日本時間23時35分)
米国コネチカット州ニュータウンで起きた

「サンディフック小学校銃乱射事件」wikipedia
'SANDY HOOK SHOOTING'


あれから2ヶ月が過ぎ
事件が「やらせ」だったと
メディアの陰謀暴きに躍起となっていた庶民の混乱も
事件当初に比べ落ち着きました

この事件報道に様々な矛盾があることは
日本のメディアでは殆ど取り上げられていません

先の2012年7月20日に米国コロラド州オーロラの
バットマン・ダークナイト・ライジング試写会場で起きた
銃乱射事件については

このブログページで
「コロラド州のバットマン・ダークナイト・ライジング
試写会での無差別銃乱射事件をタロットで」
と題して取り上げました


サンディフック小学校銃乱射事件との関わりは

映画の中のビルと地図に銃乱射事件が起きた地名と名前
AURORAと SANDY HOOK が前もって示されていたことです

赤い AURORA のネオン


架空のゴッサム市の地図に
SANDY HOOKと事件が起きた実在の地名が


SANDY HOOK とハッキリ記されている


2つの銃乱射事件の背後には
LIBOR (ロンドン銀行間取引金利)の不正操作隠蔽と
米国民を非武装化させるための自作自演の可能性が高く

こちらの方々のブログで詳細にまとめてますので
興味のある方はご覧下さい ↓ 






0 件のコメント:

コメントを投稿