2015-01-24

初インド体験しました!

あけまして おめでとうございます!

ごあいさつが大変遅くなりました

怒濤の日々からようやく一息
ブログアップ復活です

まずは
11月26日から4日までの
初インド体験です!



これまで
フライトや空港経由で驚いたことって
まずなかったのですが

シンガポールエアからシルクエア乗り換え時

合理的で洗練されたシンガポール空港で
こんな異次元あったのかと
かなり驚かされた


往き先がなにしろインドの
”ヴィシャカパトナム” ...どこ??
田舎でマイナーな空港だから

ゲートがうーーんと端っこで
すんごい歩かされた 汗

で、辿り着いたら
新年帰省で慣れないインド人の山!


セキュリティー作業がとろいのか
厳重なのか

離陸時間なのに
金属探知機はまだまだ先

しかし、誰も焦ってない!
皆 涼しい顔をしている...いや、かなり濃い顔だが


やっとのことで機内に入り
着席して周りを観ると

若いCAがてんやわんやの大奮闘劇!

やれ
シートベルトをしろ
リクライニングを戻せ
テーブルをあげろ
ブライドを閉めるな
トイレは使うな

英語がわからない乗客が多いのか
キョトンとして
子供みたいに
いちいち手がかかる

CAが皆健気な営業スマイルで
ホッとしたが
この便は
魔のフライトと
恐れられているに違いない


だいたい
空の便がこんな怠慢な理由で
40分遅れとかいいのか、おい?!

地を這う新幹線じゃないんだし

航空管制官もさぞ
神経を遣うことだろう


とにかく
夫の駐在するヴィシャカパトナムに
到着できてよかった

往きは名古屋を朝出て夜に着くから
遠くはないんだけど
最果ての地に来た感があった



で、一夜明けて元気になり
夫は普段通り出勤

今日は
夫のメイドのスバさんと初対面という
イベントがある!

スバさんは
毎週月〜土曜日
洗濯、食器洗い、モップ掛けに
通ってくれている

夫の他
若い独身駐在員と単身者
計3人のお世話をしてくれていて
1ヶ月15,000ルピーの月給
(1ルピー:1.9円くらい)

拘束時間が長いドライバーは
10,000ルピーだから

スバは最近羽振りがよくなったと
言われてるらしい

でも、高校生、大学生、社会人3人を抱える
シングルマザー

ご主人はアル中で亡くなったらしく
頑張るインドのママです


彼女が着ている普段着サリーは
6mもの布を巻き付けているのに
とっても涼しいらしく
600ルピー(1,100円)で買えるとか

インド人女性の美人は
ぽっちゃ体型必須らしく

掃除の時たくし上げてるお腹部分は
なかなかふくよかだった
インドの美人の基準いいなぁ


スバが帰って暇になり
夫の書いた地図を見ながら
フラット周辺を1時間の散歩

同じ社から帯同している若い妻以外
日本人女性なんて珍しいから
露骨にジロジロ観られっ放し

意外だったのだが
視線も
道端のゴミもたいして気にならず
前世はインド人?などと思ったりした

一様に北半球どこでも
北より南の民族は穏やか気質
白人と同じアーリア系が多い北と違い
この辺は
真っ黒丸顔なタルグ民族中心らしい



初日はガタガタ道を注意しながら
迷子にならず歩くのが精一杯

2日目のお散歩でやっと写真を撮れた


あちこちで見かけるアイロン屋さん
電気ではなく
炭式アイロン!


ホーチミンでは平気だったのに
なぜか渡れなかったインドの交差点


建ててるんだか 壊してるんだか
諦めたのか不明


銀行かな

田舎はこんなタクシーがほとんど



キリスト教会

インド美人ポスター!


牛なんだけどみえる?




夫の休日に
専属ドラーバー
ラジクマールさんの運転で
ど田舎村を通り
仏教遺跡に行きました

ヒンズー教寺院に来るインド人

ラジクマールさんのご両親は
インド少数派のクリスチャンだそう

彼も最近
イスラムからキリスト教徒に改宗した

私も17年クリスチャンだったけど
今は違うよーと伝えたら
布教の本をくれました



宗教者のお墓?

インドの85%がヒンズー教徒なのに
仏教遺跡に誰が来るのか訊いたら

タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア
そして、日本人も訪れてるとか






子供達がバスで遠足に来てました

これ、インド子どもの普段着です
おめかししてるかも




中学生だそうです
とっても人懐っこくて可愛い!

みんなまず
「名前は?」と訊くのが新鮮だった


なぜか飛び入りで集団写真に加わった



夫の駐在地最大の
ショッピングモールチェーン!
素敵なインド人女子達発見



CMRというモールです



医療機器のデモンストレーションかな?

買ってもらった!
     お米じゃないよ



シャンティという民族衣装のようです

1,378ルピー(約2,500円)

2,658ルピー(約5,000円)


ムラーリーさんご一家宅訪問

仁王立ちが子どもらしくて可愛い♥
(夫です)


帯同している若い奥様に案内され

ヒンズー教のテーマパークへ
シバ神だったか

村最大級の本屋さんPageで購入
ヒンズー教に興味津々です

ヒンズー教聖地の写真集


ヒンズーカレンダーもゲット


写真撮り忘れたのですが
映画館でインターステラーを観ました


チケットは2人で450円 安!
夫婦50割の比ではない!

殆どの映画が現地タルグ語で
ヒンズー語は2つくらい
英語はインターステラーだけでした

インド人は映画が始まり15分後も
遅れて来るのが当たり前らしく
しかも
途中でインターミッションがあり
飲み物とスナックを買いに出たら

長蛇の列ー!

時間を気にしながら並んでると
後ろから映画館の男の子達が
注文取りに廻ってきた

映画に戻りしばらくすると
運んできてくれた

インドは電力供給が不安定で
TVがない家もあるし
唯一の娯楽となる映画館
このサービスには感心!

さすが映画大国インド

日本の昭和初期も
こんなだったのかもー

一家団欒でTV観たり
劇場空間共有の時代

妙に懐かしくなり
ニューシネマパラダイスを
観たくなった

家族で2年間過ごした
ベトナム ホーチミンより
更に過去に遡ったようでした



この後1月14〜19日に
2度目のインド体験
ムンバイ観光した写真もアップします


0 件のコメント:

コメントを投稿